1鉄チーズ烏 ★2019/11/26(火) 18:46:33.86
11/26(火) 17:00配信 AERA dot.
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00000044-sasahi-spo

 18年平昌五輪翌シーズンとなった昨季、高梨沙羅は「4年後の北京五輪へ向けて、もう一度ジャンプを作り直す」と言う姿勢で臨んだ。

 かつて高梨が無敵を誇った時代とは変わり、五輪正式種目になったことで各国の選手たちの技術は急激に上がり始め、年を追うごとに飛び過ぎを抑えるためにスタートゲートが低く設定されるようになり、助走速度が抑えられ始めている状況だ。

 そんな中で身体が大きく、パワーのある選手が技術力をあげて実力をあげてきた。ノルウェーのマーレン・ルンビーや、ドイツのカタリナ・アルトハウスがその代表だ。152cmと小柄な高梨は、体重のある選手に比べれば助走速度は遅くなる。昨季の高梨はスキーなどの用具をもう一度見直すとともに、助走速度を上げるための取り組みもしていた。W杯日本連戦でも、ゲートを離れてからいかに早く自分のポジションに乗って助走姿勢を組むかを常に考えていた。

 昨季のW杯開幕戦のリレハンメル第1戦は、技術をあげて力をつけてきたベテランのユリアネ・ザイファルト(ドイツ)とルンビーに次ぐ3位になった。その後のリレハンメルの2試合は、スーツの規定違反での失格と11位という結果だったが、12月15日の第5戦からは2位や3位を含めてほとんどの試合でひと桁順位を維持。だが勝利はなかなか遠く、初勝利は2月10日のリュブノ大会だった。

 さらに、W杯総合はルンビーとアルトハウスに次ぐ3位という状況で2月下旬からの世界選手権に臨み、助走速度はルンビーやアルトハウスとの差を時速1km以内に抑えたが、踏み切りでジャンプ台にうまく力を伝えきれず、初出場大会と同じ自己最低順位タイの6位となった。

 その頃の彼女を見ていると、踏み切り直前の姿勢がなかなか安定しないために、飛び出しもかつてのように鋭く前に出て一発で空中姿勢に持っていくのではなく、上体が先に動いてから空中姿勢に入るような面も見えた。結局W杯総合も4位でシーズンを終えた。

 そんな高梨にとって今季は、昨季試した様々なことを徐々にまとめて、自分のジャンプ技術を安定させ始めるシーズンになる。7月末からのサマーGPも、第1戦は条件の悪い追い風の中でもしっかりジャンプをまとめてルンビーに競り勝って勝利を挙げた。第2戦も1本目に大量リードをすると、2本目は強い追い風の条件の中でも耐えるジャンプをして2勝目を挙げる安定感を見せた。

 そして帰国後も妙高サマージャンプ大会で圧勝と順調。サマーグランプリは最終第3戦は出場しなかったが、2戦2勝で昨年に続いて総合優勝を果たしている。

 さらに冬と同じ氷を張った助走路で行う10月26日の全日本選手権ノーマルヒルでも圧勝し、翌日のラージヒルのNHK杯でも伊藤有希に競り勝ち、冬シーズンへの準備も着々と出来ている状態だ。

 サマージャンプの助走路は、角度が緩やかになるRの部分で詰まる感じになって速度が落ちるが、冬の氷の助走路だとそのRがサマー台よりスムーズに滑る、抜けのいい状態になる。その変化にどう対応するかも重要であり、選手の誰もが最大の課題にするところだ。

 今季の女子W杯開幕戦は、12月6日からのリレハンメル大会で、2試合ともラージヒルで行われる。このジャンプ台は女子W杯が始まって以来高梨は何度も勝っているところだが、「本当はあまり得意ではないジャンプ台だ」と話していたこともある。そんなジャンプ台をどう攻略するかで、彼女の今季が見えてきそうだ。

 ただ、女子のレベルが上がってなかなか勝てないような状況も、高梨自身が「女子ジャンプのレベルが上がって戦い自体がスリリングになれば、それだけ注目してもらえるようになる」と待ち望んでいたものだ。さらに「強い選手に勝ちたい」とワクワクする思いは、ジャンプを始めて世界の舞台へ行き始めた頃と同じだ。いろいろ悩みながらもジャンプを楽しみ、戦いを楽しむ気持ち。それが今の彼女を鼓舞させている。

 まずは表彰台。そこからいち早く初勝利につなげて流れに乗りたい。(文・折山淑美)
272名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:40:49.76
>>50
オデコも入れたんだね
273名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:42:41.60
今後どう崩れていくのか見ものだね
マスクなしでは外に出られない顔に…
274名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:43:33.05
>>266
ヤバイな、ガッキー並みに弄っとる
275名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:46:12.37
スレタイに悪意を感じる
276名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:47:15.07
>>86
やめろよ、絶対やめろよ
277名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:47:28.69
>>67
メイクだな
278名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:49:45.62
これから一生メンテナンス必須レベルの削ったり詰めたりだな 芸能人でも無いのにどう工面するつもりなんだろ?
279名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 07:53:22.00
>>266
この写真はエラも顎も昔の写真とそんなに違わないけど...
痩せたからってエラは引っ込まないよね
やっぱり削ったのかな
そんな時間あるなんて不思議だな
280名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 08:00:54.29
>>269
今のルール身体の大きい方が空気の抵抗を受けて距離が出る。
ピンポン玉と、それと同じ重さの粒を用意して、
風のある日に10階建てのビルの屋上から同時に落とす。
ピンポン玉は風の影響を受けて大きく流され、
小さい粒も流されるけどピンポン玉ほどではない。
引力という指向性があるからどっちも最初は真下を目指すが、
風を受ける面積が大きい方がより流され斜めに落ちて、
結果落下距離が長くなる。
スキージャンプは斜めに落ちているスポーツだから。
プラス、姿勢の加点減点は筋力等が必要で、
ジャンプ台から飛び立つ瞬間も台を蹴るから、そこでも筋力は要る。
しかし筋肉を付けすぎると身体が重くなるので距離が出なくなる。
理想は身長が高く細身で筋肉質、つまり欧米人向き。
身長が高い方がスキー板も大きくなるんじゃないか?
高梨が未成年の頃は五輪種目じゃないのでルールが甘く、
小さい高梨に有利だっただけで、そういう意味では小さい体格が関係していた、
だから案外天才少女でも無かった。
なので一番金メダルに近いのが最初五輪だった。
281名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 08:01:29.79
>>266
なんていうか人間らしい温もりが無くなっちゃったね
282名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 08:10:17.79
大会に出た時てか海外の選手はこれが高梨沙羅と認識できるんだろうか…。
283名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 08:31:41.83
でも三頭身ぐらいやんな
284名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 10:37:04.54
前に行く助走の力とRが押し返してくる力とでホンの一瞬ではあるが押し潰されそうになる。それを受け止める主な部分が太股に乗っかってくる重石(タイミングを見分けるサイン)のようなものだ。その重石を一瞬の判断で跳ね退け踏み切る力に変えなければならない。
285名無しさん@恐縮です2019/11/27(水) 11:29:48.19
変わりすぎだろw
第何形態だよ

©Crazypro お問い合わせ/削除依頼